麻飾り(魔除け)

販売価格
3,300円(税込)
購入数
-現在のお守りのカタチ「魔除けの麻飾り」 -

古くから日本では「麻」が重宝されてきました。
和装の麻布として、また、神社のしめ縄などの御飾りや麻袋、麻縄、麻紙などの原料として。昔から信仰・神道においても、重要な役割を担い、近年では「リネン」として注目されて生活にも活用されています。

「魔除けの麻飾り」は、大麻職人が一点ずつ手作りをした神聖な現代のお守りです。
約10cm、コンパクトなので玄関飾りとしてさり気なく使用したり、身近な和雑貨としてもご利用いただけます。

麻飾り(魔除け)バックや小物入れにつけることもできます。



麻飾りの商品専門サイトはこちら
麻飾り専門サイトMagokoro



サイズ:全長 約10cm(手作りのため、商品ごとサイズには個体差があります)

※注意:
天然素材につき「取り付け部分の紐」は特にデリケ−トです。ご使用を続ける中で、取り付け紐が擦り切れる可能性もございます。装着を続ける際には、思わぬ紛失等にご注意ください。






■麻飾りにつきまして

麻=大麻は、古より「海水でも祓いきれない穢れを祓う」役割を担った「祓い清めのツール」として御神事で使われてきた植物です。
今日でも神社のしめ縄などの御飾りに使われています。

一般的には葉の薬理効果が知られています。
日本では大麻の葉を所持しますと大麻取締法で罰せられますが、諸外国では医療に応用されてもいます。
しかし、大麻の本領は、茎の靭皮(じんぴ)を剥がした光り輝く精麻した繊維の部分にあります。当然ですが、茎の部位は大麻取締法で取り締まられておりません。

この繊維を「精麻(せいま)」と云い、祓い清めのパワーを秘めた大麻の一番大事な部位になります。麻飾りは、この精麻だけを用い、根源的な宇宙の光と水、そして大麻を融合させた古来から伝わる神聖な御飾りなのです。

原料には特等級の野州麻(やしゅうあさ/伊勢神宮をはじめとする各社に納めている大麻)の精麻だけを使用しています。
製作過程においては、大麻職人が精麻を霊水にてなめしてから、ひとつひとつ全て手作業で製作しています。


返品について

返品期限
商品に不備があった場合を除き、原則返品不可となります。
返品時には到着から7日以内にご連絡ください。

※食料品:開封後の返品は不可 

配送・送料について

日本郵便
 

支払い方法について

Amazon Pay
Amazonのアカウントに登録された配送先や支払い方法を利用して決済できます。 
クレジット

 
PayPay
 
スマートフォンキャリア決済
商品の購入代金を携帯電話料金とまとめてお支払いいただけます。
docomo/SoftBankのスマートフォン・携帯(docomoのみ)

※auはご利用いただけません。 
銀行振込
ご注文より一週間以内にお振込みください。
お支払いを確認後に発送の手続きを開始させていただきますので、お支払いのタイミングによっては発送が遅れる場合がございます。
予めご了承ください。 

営業日について

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
定休日:土日祝日および夏季休暇(お盆休み)、年末年始 ※特記事項がある場合にはトップページより別途お知らせします。

モバイルショップ